★最安値公式サイトはこちら★



 

ゼロファクター5αSPシリーズには、ローションとシェイブジェルがあります。

 

どちらもヒゲを薄くするための商品であることには変わりません。

 

そんなこともあり「どっちがどっちなのか分からない…」という人もいるでしょう。

 

そこで今回はゼロファクター5αSPローションとシェイブジェルの違いをテーマにお届けします。

 

 

ゼロファクター5αSPローションとは?

 

ゼロファクター5αSPシリーズの中で1番の人気商品である『ゼロファクター5αSPローション』は、累計販売数180万本を突破した抑毛ローションです。

 

ヒゲを剃った後に塗るだけでヒゲの抑毛・肌の保湿・抗炎症効果があると言われています。

 

成分数は11種類でダイズ・ザクロ・ガウクルアなど男性ホルモンの働きを抑制する天然由来成分が入っています。

 

また、パパイン・ジオウ・チョウジ・オウゴン・サンショウ・ヒオオウギ・アロエ・バシャンペなども、として知濃いヒゲに働きかける成分も配合されています。

 

ゼロファクター5αSPシェイブジェルとは?

 

『ゼロファクター5αSPシェイブジェル』は、ヒゲ剃りの時にシェービング剤の代わりに使用するものです。

 

T字カミソリ・電気シェーバーの両方どちらにも対応していて、ローションと同様に抑毛効果があると言われています。肌荒れを防止し、肌を保護する効果にも優れています。

 

成分数は9種類で、抑毛効果があるダイズやジオウ、抗炎症効果があるカミツレ、サンショウ・ラレアディバリカタ・アロエ・オウゴン・ヒオウギ・チョウジなどの濃いヒゲに働きかける成分が入っています。

 

ゼロファクター5αSPローションとシェイブジェルどっちがおすすめ?

 

ゼロファクター5αSPローションもシェイブジェルは、どちらもヒゲを抑毛する効果があると言われています。

 

両者の違いは使うタイミングです。

 

シェイブジェルはヒゲを剃る時に使うものです。

 

一方、ローションはヒゲを剃った後に美容液のような感覚でつけるものです。

 

ヒゲ対策をしたい人は両方セットで使うというのがオススメですが、金銭的に厳しいという人は成分数が多い『ゼロファクター5αSPローション』がオススメです。

 

まとめ

『ゼロファクター5αSPローション』と『ゼロファクター5αSPシェイブジェル』は、どちらもヒゲを薄くする効果があると言われています。

 

シェイブジェルはヒゲを剃る時に使うもので、ローションはヒゲ剃り後の肌に塗る美容液のように使うものです。

 

セット使いはより抑毛効果が高まりますが、どちらか1つと言われれば成分数が多い『ゼロファクター5αSPローション』の方がオススメです。2つの違いを理解できたら早速使ってみてくださいね。



>>ゼロファクター公式サイトはコチラ

★最安値公式サイトはこちら★